ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
道の駅
トップページへ戻る
トップページへ戻る

道の駅情報

道の駅「あずの里いちはら」
(千葉県市原市)



道の駅「あずの里いちはら」は、千葉県市原市にあります。首都圏近郊の道の駅として2002年に開業され、アズ植物公園と市原市農業センターに隣接しています。名称の「あず」とは、道の駅施設に隣接する地域名「安須(あず)」が由来となっています。

道の駅「あずの里いちはら」施設の案内

道の駅「あずの里いちはら」施設の案内

地元の農産物、物産品を販売しています。また、市原市及び千葉県の特産物を使用した菓子などの加工品も取り扱っています。また、それらを使った軽食が食べられるコーナーもあります。

物産販売

市原市の物産品を販売しております。千葉県産の海藻、市原市自家製の海苔や、千葉県名産の落花生を使ったピーナッツみそやチーズピーナッツの加工品が並んでいます。また、それら名産品をセットにしたギフトセットも特別限定割引で販売されています。

軽食

地元こだわりの食材が食べられる軽食処です。パン屋が作る市原産の米粉を使用したうどん、千葉県産こしひかり、千葉県産豚肉を使ったカツカレーやコロッケ、市原産いちじくのジェラートなどが販売されています。

道の駅隣接の施設

道の駅には、市原市関連の施設が隣接しています。農業が盛んな市原市の農業振興活動を行なう農業センターや、市原市の自然を利用したアズ植物園があります。

市原市農業センター

市内の農業振興の拠点として、農業技術の向上や経営を安定化させる改善活動が行なわれています。農業従事者が対象ですが、園内には一般公開している施設もあり、展示大温室、広場、予約制のバーベキュー場広場、ピクニック広場、花木園、果樹見本園などが利用できます。

木の家ふるさとハウス・アズ植物園

「市原ふるさと木の家普及促進事業」として、自然の木材を使った木の家が製作されています。イベントも開催しており、お箸造り体験や、市原市内の木での工作体験、耐震診断、新築診断、現場見学会などに参加できます。

周辺の見どころ

首都圏に近く、道の駅のすぐそばの環境をはじめとする市川市の豊富な自然が見どころです。養老渓谷や養老川などで、四季折々の房総の自然を楽しめます。

養老渓谷

温泉郷、大福山、梅ヶ瀬、紅葉谷など一帯を「養老渓谷」と呼んでおり、「房総の秘境」とも言われています。四季それぞれの景観美が豊富で、春はマメ桜や山百合を、秋には紅葉を見るためのハイキングに適しています。

養老川(ようろうがわ)

千葉県の南部を流れる川で、ひざの裏を指す「よほろ」と言う古語が名前の由来となったと言う説があります。「養老」と言う字がついたのは江戸時代よりあとで、それまでは同じ発音で「用路川」「勇露川」「与保呂川」と言う字が当てられていました。