ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト道の駅リサーチ

道の駅情報

道の駅「モンデウス飛騨位山」
(岐阜県高山市)



道の駅「モンデウス飛騨位山(ひだくらいやま)」は、岐阜県高山市にあり、高山市街や北アルプスを望めます。別称「モンデウス飛騨位山スノーパーク」として、冬になるとスキー場になります。スキー場のゲレンデからは、御嶽山(おんたけさん)が見られます。

季節で顔を変える施設

季節で顔を変える施設

夏は、緑の山の下で観光情報や特産物が得られる道の駅の役割を担い、観光やレジャーの中継地点となっています。冬になると、目前にある広いゲレンデはスキー場となり、道の駅はスキー客が利用できるスペースとなります。

季節ごとの「道の駅」

夏は高原の風が吹き、冬はスキー場に様変わりします。特に冬には、スキースノーボードや雪上クルージングができ、スキー大会も催されます。

ゲレンデ
クワッドリフトに乗って、一気に山頂まで行くことができます。山頂からは、北アルプス・乗鞍(のりくら)・御岳が一望できます。木々の間を縫うウッドコースや、上・中級者向きのほぼ直線コースであるパノラマゾーン、子どもでも安心のショートコースであるキンダーバーンやファミリアバーンなど、いくつかのコースの中から選べます。リフトについては、1日だけではなくシーズンを通して利用できる「シーズンパス」も発行しています。
クルージング
スノーモービルに引っ張られながら森の中を移動するクルージングができます。平日の利用を希望する場合は、事前予約が必要です。
飛騨の幸・レストラン
宮村しぐれなどの肉料理や、飛騨牛乳を使ったデザートを味わうことができ、夏は標高900mでバーベキューをすることもできます。お土産として、伝統の「まゆ雛」や「一位笠」などを販売しています。

周辺の山々

北アルプスが近く、いくつもの山々が望める高い位置に、道の駅はあります。近隣の山には様々な言い伝えが残されています。

位山

冬はスキー場になるのが、この位山です。1,529mの高さがあり、飛騨高地の中央にあります。日本二百名山のうちのひとつで、飛騨一宮水無神社の神体として、出雲の神々が舞い降りる神秘の謎の山と言い伝えられてきました。山頂付近には巨石が転がっていて、祭壇などの崇拝や信仰に関係していると言われています。歴代の天皇が即位するときに使う神職の笏(しゃく)は、位山の木で作られています。

御嶽山

長野県と岐阜県にまたがる、日本では富士山の次に高い3,067mの火山です。「木曽御嶽山、御嶽、王嶽」などと呼ばれることもあり、日本にいくつもある御嶽山の中では最も高い山です。資料館や天然公園、高原、湖や温泉など、観光スポットもあります。