ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト道の駅リサーチ

道の駅情報

道の駅「桜の郷 荘川」(岐阜県高山市)



道の駅「桜の郷 荘川(しょうかわ)」は、岐阜県高山市の道の駅です。「荘川桜」と言う、ダムの底に沈むところを人々によって守られた桜から名付けられました。障がい者も入りやすい「福祉風呂」のある温泉「桜香の湯」や、特産品販売施設「さくら」があります。飛騨高山や白川郷への道中に利用でき、路線バス、高速バスの停留所を併設しています。

桜香の湯

桜香の湯

源泉はナトリウム、炭酸水素塩泉の自噴泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性などに効能があるとされています。天然木材を使用した浴場では、石けんや化粧水、タオルを無料貸し出ししています。

また、露天風呂や貸切福祉風呂、貸切家族風呂があります。各風呂には、マッサージやリラクゼーションにもなる超音波流水システムが設置されています。露天風呂には清流「庄川」が流れる音を聞きながら入れます。

味わえる荘川メニュー
岐阜の「荘川そば」の他、荘川の大豆と激辛の獅子唐芥子を使った「福みそ」や、米粉で作った「初午だんご」、山菜の詰め合わせなどが購入できます。

荘川そば

道の駅では、荘川名産の「荘川そば」が食べられます。標高1,200mの涼しい気候の中で作られているそばで、庄川の源流が用いられています。そばは、6月にそばの種を蒔いて9月に実を収穫しますが、冬の大寒にあたる頃にそばの実を荘川に20日間程浸け、その後凍結と解凍を繰り返してつくるそばがあります。それは、「寒ざらしそば」と呼ばれ、旨味と甘味が凝縮しているため、人気があります。「寒ざらしそば」は、6月から数量限定で販売されます。

バスターミナル

道の駅は、高山市荘川地域の主なバスの停留所として利用されています。路線バスだけでなく、高速バスの停留所でもあります。

岐阜バス
岐阜乗合自動車株式会社が運営する高速白川郷線、名古屋・白川郷方面行きの1日1往復運行されているバスです。道の駅桜の郷荘川より、白川郷方向に直通するバスとしては唯一の路線です。
濃飛バス
牧戸線の清見、高山濃飛バスセンター方面のバスです。1日3往復の往来があります。濃飛バスは、通常の路面乗合バスや高速バスだけでなく、白川郷や飛騨の世界遺産を観光できる定期観光ツアーを企画しています。
郡上市コミュニティバス
白鳥荘川線の北濃、郡上白鳥方面のバスです。廃止された荘川八幡線の路線を引き継いで運行しています。