ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト道の駅リサーチ

道の駅情報

道の駅「遠山郷」(長野県飯田市)



道の駅「遠山郷(とおやまごう)」は、長野県飯田市にあります。旧南信濃村が運営していた施設でしたが、2005年の9月に道の駅としてオープンしました。日帰り温泉施設「かぐらの湯」があり、構内には遠山霜月祭に関連する銅像やお面などを見ることができます。直産所や遠山産のお茶加工施設であるお茶処、観光案内所があり、愛知県と静岡県の三遠地域からの来客が多くあります。羊の肉を独特のタレで味付けをした「遠山ジンギス」が地域の名物料理です。

日帰り温泉と山肉料理が楽しめる道の駅施設

日帰り温泉と山肉料理が楽しめる道の駅施設

道の駅には温泉施設「かぐらの湯」があり、和田の街から歩ける距離にあるため日帰り温泉を目的に訪れることができます。

日帰り温泉施設「かぐらの湯」

42.5度のナトリウム・カルシウム塩化物泉で、日本でも珍しい高濃度の泉質です。打たせ湯のある露天風呂、大浴場、サウナ風呂、箱蒸しなど温泉設備が豊富で、風呂あがりには洋室、または和室の無料休憩室を利用できます。また、高さのある檜丸太が組まれたロビーには、北島新平氏の絵画や南信濃村(みなみしなのむら)の風景写真が展示されています。

食堂「味ゆ~楽(あじゆ~らく)」
かぐらの湯にあるレストランで、休憩所のそばにあります。生ビールやジンギスカン、ヤマメ、宴会料理が食べられます。なかでも熊、いのしし、鹿などの山肉料理が名物です。

遠山霜月祭由来の展示

かぐらの湯の前には、遠山霜月祭のかぐら舞台のようすを表した銅像や、釜で湯をわかす湯立(ゆだて)の儀式の銅像もあり、釜に流れるお湯を飲むことができます。

遠山霜月祭
遠山霜月祭は、12月に行なわれる湯立て神楽のお祭りです。国の重要無形文化財に指定されています。「吾妻鏡」にも描かれている歴史の古いお祭りで、神様のお湯を浴びて身を清め、里の豊作と平和を願います。

地場特産物販売所「くまぶし」

かぐらの湯の売店では、採れたての野菜、果物などの新鮮な農産物の他、地元の人が手作りした加工品など、遠山郷の特産物を販売しています。

赤石銘茶の茶処「お茶の子菜々(おちゃのこさいさい)」

地域のお茶を加工販売しているお茶処です。地元で栽培されている赤石銘茶や、南アルプスの紅茶「うまいんだに」などを販売しています。2008年、お食事処として定食や遠山ジンギスなどが食べられるようになりました。

観光案内所「アンバマイ館」

かぐら湯の隣にある観光案内所で、地域の道路や観光、宿泊などの情報が得られます。隣にかぐらの湯から引いた無料の足湯があり、かぐらの湯休業日以外は24時間利用できます。「アンバマイ」という施設の名前は、地元の方言で「遊びましょう」の意味である「あんばまいか」が由来となっています。