ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
道の駅
トップページへ戻る
トップページへ戻る

道の駅情報

道の駅「にしお岡ノ山」(愛知県西尾市)



道の駅「にしお岡ノ山」は、愛知県西尾市にあります。国道23号岡崎バイパスの上り線にあり、地元の物産販売や試食、軽食コーナー、観光情報案内などがあります。その他、イベントを開催することもあります。駅内には、シンボルとして「風の塔」という20m程のオブジェが建っています。

道の駅「にしお岡ノ山」施設の案内

道の駅「にしお岡ノ山」施設の案内

抹茶をはじめ、西尾の特産品を多く扱う道の駅です。お土産の販売や食事コーナーの他、道路や観光の情報を大型モニターやチラシで提供しています。

特産品の売店

西尾の抹茶を使った抹茶コーナー、地元のとれたて野菜や果物の販売コーナー、三河湾でとれる魚介類などの海産物コーナー、切り花コーナーの他、特産品やえびせんを取り扱う加工品売り場があります。その他、焼きたてのパン屋や、搾り立ての牛乳を使ったオリジナルソフトクリームの「酪」など、その場で食べられるフードの販売も行なっています。

西尾の抹茶製品

六万石の城下町である西尾は、抹茶の名産地です。道の駅「にしお岡ノ山」では、抹茶を扱った商品として、抹茶入り皮の肉焼売や肉餃子、抹茶味噌入り肉まん、ソフトクリーム、生キャラメル、クリームパンなどが販売されています。

地元が味わえる食事

食事処「いっぷく亭」では、三河をはじめ、近隣の新鮮な食材を使ったメニューが食べられます。三河産の豚肉を使ったカツ丼やカツカレー、生姜焼き定食、一色産のうなぎ丼、西尾の抹茶を使用した「抹茶ざるそば」などがあります。

歴史と文化の町、西尾市の見どころ

西尾市は、歴史と文化の町とも言われ、多くの神社やお祭り、歴史的博物館が点在しています。また、忠臣蔵で殺された吉良上野介ゆかりの史跡がいくつもあります。

巨大提灯祭り「諏訪神社」

諏訪神社は、愛知県の指定文化財となっており、1560年前後に創立されたと伝わっています。毎年8月26、27日には「三河一色大提灯祭り」が開催され、全長6~10mの提灯がいくつも並びます。なお、「三河一色大提灯祭り」は、海の魔物を鎮めるためにかがり火を焚いたことが、祭りの起源とされています。

日本を代表する古書が集まる「西尾市岩瀬文庫」

1908年、西尾市の実業家の岩瀬弥助さんが創設した私立図書館です。本を通した社会貢献を掲げており、重要文化財を含む多くの古書があります。戦後、個人の図書館ではなく西尾市の施設として運営され、平成に入ってから「古書博物館」としてリニューアルされました。

人生劇場「尾崎士郎記念館」

小説「人生劇場」を書いた、西尾市出身の作家、尾崎士郎さんの記念館です。「人生劇場」の挿絵や、映画版のポスター、尾崎の自宅から移設された書斎など、ゆかりの品々が展示されています。