ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト道の駅リサーチ

道の駅情報

道の駅「あきた港」(秋田県秋田市)



道の駅「あきた港」は、秋田県秋田市にあり、秋田港にあるいくつかの施設群が併設されて「みなとオアシス秋田」となっています。道の駅「あきた港」には秋田市ポートタワーを含むセリオン、セリオンプラザ、セリオンリスタの3施設が入っています。

道の駅「あきた港」施設~ポートタワーセリオン~

道の駅「あきた港」施設~ポートタワーセリオン~

道の駅には、展望台、ホール、公園を内包したセリオンと名のつく3施設が含まれています。「セリオン」という名称は、「SEA(海)」と「PAVILION(展示館)」からとられています。1994年4月にオープンしたこれらの施設の中には、物販施設や飲食店もあります。

ポートタワーセリオン

「ポートタワーセリオン」は、一番の見どころである大パノラマ展望を中心に、イベントスペースやシアター、ギャラリーも備えた文化交流施設です。

大パノラマ展望台

高さ143mのタワーの地上100mに位置する無料展望台は、360度のパノラマが見どころです。眼下には、秋田の町と日本海が見え、男鹿半島から大平山、鳥海山まで一望できます。

イベントスペース「ホール・シアター」

1階のセンターホールは300人程まで利用でき、2階からもステージを見下ろすことができます。2階には会議や研修などに使えるイベントホールと、椅子を並べて客席をつくる特設映画館があります。

その他の施設

1階には、ケーブルテレビのモニターが6台あり、天気予報や岩手放送、市内の道路状況などが見られます。2階には、遊具のある「ちびっ子コーナー」と「ゲームコーナー」があります。3階には、写真や絵画の展示イベントを行なうセリオンギャラリーがあり、地元土崎の祭のパネルなどが展示されています。

セリオンプラザ

「セリオンプラザ」では、500人収容可能な多目的ホールや、最大80畳の和室の休憩室が貸し出されています。秋田市の所有施設で、正式名称は「秋田港振興センターセリオンプラザ」です。

セリオンリスタ

「セリオンリスタ」は「雄物川・日本海」など秋田の自然を表現した、屋内緑地公園です。ガラス張りの建物の中に、「雄物川源流ゾーン」「街のゾーン」「海のゾーン」という3つのゾーンに分けた緑の公園を作っています。秋田県の所有施設で、正式名称は「覆い付緑地 セリオンリスタ」です。

近隣の見どころ「秋田城跡」

「続日本記」によれば、733年に建設されたと伝えられている秋田城は、760年に庄内地方から今の跡地へと移ったとされています。1300年代中頃まで存在したと言われていますが、現在は市民の公園として、外郭東門(がいかくひがしもん)と築地塀(つきじべい)が復元されているのみです。道路の向かいには、秋田城跡出土品収蔵庫があり、無料で見ることができます。