ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
道の駅
トップページへ戻る
トップページへ戻る

道の駅情報

道の駅「みやこ」(岩手県宮古市)



道の駅「みやこ」は、岩手県宮古市にあり、「シートピアなあど」という愛称で呼ばれると共に、みなとオアシスにも登録されています。東日本大震災の被災により休館していましたが、2013年7月にリニューアルオープンしました。

道の駅「みやこ」

道の駅「みやこ」

魚介類や山の幸を販売する物産コーナーや、四季の食材を使ったレストランがあります。また、体験学習やイベントの開催もあります。

シートピアなあど

「なあど」は、「どうですか?」「いかがですか?」という意味を持つ宮古地方の方言です。

物産品販売コーナー

「物産品販売コーナー」では、宮古の特産品である「いかせんべい」や宮古塩の菓子をはじめ、三陸ワカメの石鹸など、岩手県内の土産物も取り扱っています。また、道の駅のマスコットキャラクター「うにねこ」のストラップや菓子といったオリジナルグッズも販売しています。

産直品販売コーナー

「直産物販売コーナー」では、野菜、果物、きのこや切り花など、宮古、下閉伊地区の生産者による採れたての産直品や、菓子、豆腐、漬け物、工芸品といった加工品を取り扱っています。生産者の顔が見えるように、ウェブサイト上でも写真付きで生産者が紹介されています。

レストラン「汐菜」と屋外ファストフード「なあど」

建物2階がレストランとなっており、海鮮丼や磯ラーメンなど、宮古港の海の幸が提供されています。30名までの団体利用も可能で、そばやうどんといった食事の他、ポテトなどの軽食も販売しています。

マスコットキャラクター「うにねこ」

宮古名産の「うに」と、宮古沿岸に多く飛んでいる「うみねこ」をもとにした猫のキャラクターです。うにの上に座っている太り気味な2歳の茶トラ猫で、その色はうにと同じオレンジ色となっています。鳴き声は「うにぁ~ん」です。道の駅オリジナルのキャラクターで、駅内ではTシャツなど、様々なオリジナルグッズが販売されています。

体験講座と見どころ

自然を活かした様々な体験講座が実施されています。竹細工や木工、陶芸などの伝統工芸工作や、ワカメの芯抜き、魚介類の捌き方、魚の薫製作りといった、港街ならではの講座をはじめ、うみねこの餌付けや青の洞窟散策などがあります。

青の洞窟

浄土ヶ浜の八戸穴は「青の洞窟」と呼ばれ、洞窟内では美しいグリーンの海面を眺めることができます。冬以外の季節に、底の平たい「さっぱ船」という小型の和船で洞窟に入るツアーがあり、洞窟の他、近隣名所の「剣ノ山」や「賽の河原」、「血の池」を巡ることができます。