ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト道の駅リサーチ

道の駅情報

道の駅「大館能代空港」(秋田県秋田市)



道の駅「大館能代空港(おおだてのしろくうこう)」は、秋田県秋田市にあります。空港と併設しており、2010年に道の駅として開きました。国内で2つ目の、空港に併設された道の駅になります。大館能代空港は地方管理空港で、ターミナルビルや駐車場、トイレ、公園を道の駅と兼用しています。

道の駅「大館能代空港」施設の案内

道の駅「大館能代空港」施設の案内

道の駅には、旅客ターミナルビル、駐車場など一帯が含まれています。空港としての既存の案内所、レストラン、売店、カフェ、自動販売機、公衆電話、トイレなどがあります。

オープンカフェ・ピッコロ

「オープンカフェ・ピッコロ」は、1階到着ロビーにある、ヨーロッパ風のオープンカフェです。コーヒーや紅茶、イタリアンジェラートの他、イタリア風ホットサンドのパニーニ、パスタ、ピラフなどの軽食も食べられます。地ビールやおつまみも取り扱っており、田沢湖ビール「ぶなの森」「十和田」「八幡平」が飲めます。

ポートワン

「ポートワン」は、2階の出発ロビーにあるレストランです。カウンター席からは飛行場が、テーブル席からは世界遺産の白神山地が望めます。日替わりランチをはじめ、北秋田名産の馬肉や、地元の比内地鶏を使ったうどんやカレー、ステーキなど、和洋中様々な味が提供されています。

人気商品やお土産

秋田名物のきりたんぽ、稲庭うどんや比内地鶏、はたはた寿司といった農水産物やお酒がお土産として販売されています。また、伝統工芸の樺細工「大館曲げわっぱ」も購入できます。秋田だけではなく東北全体の名産品もあり、南部せんべい、仙台銘菓の喜久福などが揃っています。

空港としての「大館能代空港」

1階がチェックイン、到着ロビー、2階が出発ロビーと搭乗待合室、レストラン、ショップ、3階は送迎デッキです。

周辺の見どころ

秋田県北部地域には、他県までまたがる世界自然遺産「白神山地」や十和田八幡平国立公園などがあります。少し足をのばせばマタギの里「阿仁」や、武家屋敷の町並みが並ぶ角館にも行くことができます。

白神山地

「白神山地」は、1993年12月に世界遺産に登録された山地帯で、秋田県の北西部と青森県の南西部にまたがっています。130,000haの広さがあり、世界最大級の自然のブナ林があります。

十和田八幡平国立公園

「十和田八幡平国立公園」は、青森県、岩手県、秋田県にまたがる国立公園です。ハクチョウの舞い降りる十和田湖奥入瀬渓流八甲田山などからなり、火山群や湿原もある広大な公園です。玉川温泉酸ヶ湯(すかゆ)温泉といった温泉地帯もあります。