ご希望の道の駅情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
道の駅
トップページへ戻る
トップページへ戻る

道の駅情報

道の駅「能登空港」(石川県輪島市)



道の駅「能登空港」は、石川県能登半島にあり、能登空港の旅客施設全体を含めた道の駅として、2003年7月にオープンしました。空港を併設した道の駅としては、全国最初となります。日中のターミナルビル営業時間には、ビル内の売店やレストランなどを利用することができます。

道の駅「能登空港」施設の案内

道の駅「能登空港」施設の案内

道の駅と空港は、ターミナルビル内の施設を併用しています。このビルは、奥能登行政センターでもあり、奥能登関連の事務所が入居しています。売店やレストランでは、地元の味を重視した商品が手に入ります。

売店「つくし」「セレンディピティ」

空港1階の売店「つくし」では、地元の素材を使ったうどんやクッキー、ハーブティー、能登の牛乳をブレンドした能登空港ソフトクリームが販売されています。2階の売店「セレンディピティ」では、能登産のもち米を使用したあずき入りの「ひっぱり餅」や能登ワイン、干物などが並ぶ特産品の売場になっています。

レストラン「あんのん」

3階にあるレストラン「あんのん」の窓からは、飛行機の滑走路が一望でき、遠くには七尾湾や、晴れれば立山連峰が見えます。うどんやラーメンをはじめ、輪島産のいかの塩辛や、さざえのつぼ焼き、中島菜入コロッケなど、地元の素材を活かした料理が提供されています。

空港としての「能登空港」

1階は到着ロビー、2階は出発ロビー、3階は見学デッキやレストランなど、4階には会議室などがあります。

周辺の見どころ

周辺は、海に関する見どころが多くあります。臨海公園、水族館、日本で唯一の浜辺ドライブウェイの他、水質の良い温泉も観光の中心地です。

和倉温泉

和倉温泉」は、能登観光の拠点となっている温泉郷です。西暦800年頃、白鷺が温泉で足の傷を癒しているのを漁師が見かけたことが温泉のはじまりと言われており、古くは万葉集にも詠われています。カルシウム、ナトリウム塩化物泉の泉質は、神経痛、腰痛、気管支炎などに効くとされています。

のとじま臨海公園水族館

のとじま臨海公園水族館」は、能登半島近くの魚を中心に見られ、約500種、4万点程の生き物がおり、見るだけでなく触れることもできる体験型の水族館です。イルカショーやアシカショー、アザラシとのふれあい、餌やり体験も参加できます。年間パスポートのサービスもあります。水族館で飼育している生き物の一部はデータベース化されているため、インターネットから調べれば、その生き物の分類や生息地などを調べることができ、さらに館内のどこにいるかといった情報も見ることができます。

千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ

千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」は、日本で唯一波打ち際までドライブができる砂浜で、長さは約8km、幅は約50mあります。夏は海水浴場となり、イカ釣りシーズンには、地平線に漁り火が並びます。また、ハマグリの産地でもあります。